リスティング広告とは何ですか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告とは、検索キーワードと連動してGoogleやYahooなどの検索サイトに表示される広告のことです。

 

 

例えば、京都への出張で宿泊先を探す際、検索サイトで「京都 ビジネスホテル」などのキーワードで検索すると、検索サイトの上部の広告表示欄に自社のサイトへのリンクが表示され、リンクをクリックすると自社のサイトにページが移ります。

 

 

WEBマーケティングにおいてリスティング広告は主要なテーマとなっています。リスティング広告を提供する主要なサービス会社に、GoogleのGoogle AdWords(グーグルアドワーズ)とYahoo!JAPANのYahoo!プロモーション広告があります。

 

 

リスティング広告はユーザーが何らかの目的を持って検索したうえで広告を見ることになります。そのような広告をPull型広告と言います。英語のPULLの意味どおり「引き出す」広告で、ユーザーが自ら広告を引き出しているわけです。

 

 

インターネットなどでその用語を検索しているということは、何かしらの興味があるということですので、興味がある人に広告を出すことでお客様になっていただく可能性が高いと考えられます。

 

 

表示数やアクセス数などのデータが得られることから検証・分析が行いやすく、そのため広告の改善を行っていくことが可能です。思いどおりの成果が得られなければ、すぐに広告を中止して無駄な広告費を減らし、不調の原因を突き止め、期待どおりの成果を得るための対策を実施できます。

 

 

リスティング広告はユーザーがクリックする毎に広告料が発生します。つまり、表示するだけなら無料であり、クリック単価、上限額なども自由に設定できますので、低予算で始められます。

 

 

テレビや新聞など、不特定多数の人に向けて広告を発信するPush型広告では決して、このようなことは出来ません。広告の効果も測定が難しいですし、テレビや新聞の広告は表示するだけで広告料が発生してしまいます。

 

 

リスティング広告をキーワードに沿って広告を表示しますので、どんなキーワードで検索された場合に広告を出すのかということが重要です。例えば、大阪にある飲食店なのに「東京 和食」というキーワードで広告を表示させても意味がありません。

 

 

より多く検索されるキーワードがよいかというと必ずしもそうとは限りません。広告料は入札によって決まりますので、人気のキーワードは高い単価で入札されます。そのため、人気の高いキーワードで広告を表示させようとするとそれだけ、広告費が高くなってしまいます。

 

 

キーワードは検索回数の多い順に「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード」に分類されます。例えば「和食」をビッグワードとすると、「和食 大阪」はミドルワード、「和食 大阪 寿司」はスモールワードといえます。

 

 

自社の広告予算を考慮して、ビッグワード、ミドルワード、スモールワードのどれを狙うかを考え、その広告結果を分析することによって、効率のよいキーワードを探していく必要があります。

 

 

******************************************

ホームページ制作に関するサービスのご説明および価格はこちらのページをご確認下さい。
ホームページ制作のお申込みは以下からもできます。
お申し込みはこちらから

******************************************

 

お申込みは下記記載の、TEL,E-MAIL,FAXなどお好きな方法でご連絡下さい。

 

******************************************

(近畿大学にて非常勤講師も務めたバリバリの技術屋が経営する会社)

格安にてホームページを作成します。

株式会社 アイライト 担当:内藤 響(Naito Ko)

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目5番9号 日清ビル 5F

(四つ橋線 本町駅 24番出口すぐ)

まずは、メール・電話でご相談ください。

TEL : (06) 6599-8890 E-mail : info@ai-light.com

お電話が混んでいる場合が多いので、つながりにくい場合は

TEL : (06) 6535-5117までお願いします。

******************************************

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です